今朝、関東地方で最大震度5の地震がありました。

震度5程度以上でガスメーターの中にある感振器が作動して、ガスメーターでガスが止まるようになっています。

地震でガスを止まって家中のガスが出ない時はガスメーターの赤ランプが点滅しています。(=ガスメーターが地震の揺れを感知してガスを止めた状態)

 
ガスメーターでガスが止まっている場合にガスメーターを復帰する方法(ガスを出す方法)です。
 
※ガスくさい場合は危険ですのでやめておきましょう。
 
 1:ガスメーターの赤ランプの左側にあるキャップを外す。(キャップが無いメーターもあります)
 
 2:キャップの中にある復帰ボタン(押し込むタイプ)を、奥までいっぱいに押してすぐ手を離します
 
 3:3分ほど待って赤ランプの点滅がなくなればガスが使えます。
 
復帰ボタンを押し続けると復帰しませんので、復帰ボタンは奥までいっぱいに押してすぐ手を離します

復帰ボタンを押し続けるとガスが使えるようになりません。

実際に大きな地震があるとガス会社の電話はすぐにつながらなくなりますし、ホームページもアクセスが集中して閲覧できなくなります。

地震の場合に多数の依頼が入れば、ガス会社がすぐに来ることは期待できません。

復帰方法を知っていれば自分で復帰できますので、事前にガス会社のホームページを見ておくと良いでしょう。

ガスメーターの復帰方法(東邦ガス)

お湯を出しっぱなしにして忘れた場合もガスメーターでガスが止まるようになっています。(=ガスを長時間使用した場合)

復帰方法は同じです。

また上記の復帰操作をしても赤ランプの点滅が止まらない場合は下記の原因が考えられます。その時はあきらめて時間がかかってもガス会社に連絡を取りましょう。

  • 復帰方法が間違っている。
  • ガス管が破損している。
  • ガスメーターが壊れてしまった。