今朝ほどクレジットカードの件で何だか言ってましたので、クレジットカードについて基本的な事を書いておきます。

 
 

そもそもクレジットカードとは 『後払い式のカード』 です。お店でカードを提示して買い物した代金は、1か月分まとめて銀行(または郵便局)の自分の口座から自動引き落としになります。

後払いなのでマナカカードのように現金をチャージする必要はありませんが、使い過ぎに注意しましょう。何度か引き落としができないといわゆるブラックリスト行きとなります。(カード破産)

クレジットカードを持っていないと何かと不自由です。下記の注意事項は最低限おぼえておきましょう。

カードを無くしたら、すぐにカード会社へ連絡してカードを止めてもらう。

 クレジットカードで買い物する時は基本的に本人確認をしません。落としたカードを拾った人はカードが使えてしまいます。そのため、カードの紛失に気が付いたときはすぐにカード会社に連絡します。ある程度さかのぼって止めてくれます。

※カード裏面のサイン(署名)は必ずしておくこと。サインが無いカードを落として使われた時は保障されない(場合がある)。

カードの番号だけあればカードが使えてしまう。(おもにネット決済)

 クレジットカードはカード番号と有効期限が他人に知られるとカードそのものが盗まれていなくてもネット決済ができてしまいます。公共の場所でカードを出しっぱなしにするのは危険です。カード券面を写真に撮られると不正使用されます。注意しましょう。