毎月の携帯(スマホ)代を安く抑える方法

 
手間はかかりますが現在だと2年ごとにMNPするのが一番安上がりです。
これは携帯会社の施策上、ほかの携帯会社へ引越し(MNP)する場合に手厚く補助金を出している事によります。

 

今年(2014年)の3月から規制がかかったため補助金が出にくくなったようですが、まぁ2年後には復活していると予想しています。2年後にどうななっているかは確認する必要があります。
 
MNPで毎月の維持費を安く上げるためにはどの携帯会社であれ、端末代金が一括0円で月々サポートがある機種を選ぶ のが基本です。
 
今回家族でドコモ→ソフトバンクへMNPしたアイフォン5Sの維持費は下記のようになっています。
 
基本料金 980円
ネット接続(S!ベーシック) 315円
パケット定額(パケットフラット) 5,985円
小計 7,280円
MNP割引(基本料金無料) -980円
月々割り(スマホ本体の分割代分) -2,835円
スマート値引き
  (自宅のネットとセット割引)
-1,480円
紹介割引(1年間のみ) -1,000円
1ヶ月の料金(1年間) 985円
2年目は 1,985円
ユニバーサルサービス料別途 3円程度
携帯の保障料金別途 500円程度
通話料金別途 使った分だけ
※2014年3月現在(消費税5%)

2年たつと各種補助金がなくなるため、毎月の維持費がいきなり7,280円となってしまいます。
気をつけましょう。

MNPするのは月末のほうがキャッシュバックが多くなる傾向があります。
また、3月末は決算等の関係上もっともお得にMNPできる時期です。

ただし2年ごとに3月末にMNPする場合、通常の手数料のほかに解約金が1万円弱かかってしまいます。(docomoの場合)

3月にスマホを契約した場合、2年後の4月が解約金がかからずにMNPできる月になります。(ドコモの場合)