入居したばかりのアパートの洗面台だけお湯が出ない(故障している)場合は不動産屋(または管理会社)に連絡する事。

入居したばかりの賃貸住宅の設備の故障は基本的に自分が修理代を負担する必要はありません。

また、それくらい良いかと思っても退去するときにもめるので、入居したばかりで不具合が見つかった時は早めに(規定の期間内に)全て不動産屋に連絡しておく事をおすすめします。

連絡した結果、大した事ではないのでそのままで良いのであればその旨、記録をとっておきます。

アパートを退去するときには不動産屋か管理会社による点検があります。そのときに『壊したでしょ』と言われたら『入居したときからだ』と言わないと修理代を請求される場合があります。


賃貸住宅で元からある設備が故障したときの連絡先と修理代を誰が負担するのかは事前に確認しておく

給湯器が故障してお湯が出なくなったときの連絡先、トイレが壊れて水が漏れるようになった時の連絡先、インターホンが壊れて動かなくなった時などの連絡先と修理代を誰が負担するかは事前に確認しておきます。

特にオーナー(大家さん)が修理代を負担してくれる場合は自分で勝手に修理の依頼をすると後でもめる事になります。

オーナー(大家さん)が修理代を負担してくれる場合は必ず指定されているルートで修理の依頼をします。そうしないと修理代を自己負担する事になります。

間違っても24時間営業の業者には依頼しない

オーナー(または管理会社)に指定されていないクラ○アンのような24時間営業の業者には間違っても依頼しないほうが良いです。ぼったくられます。

適切な一時対応だけすれば夜中に業者を呼ばなければならない事態はほとんどありません。

水漏れ→最悪水道メータを止めれば止まる

ガスくさい→ガス会社が24時間対応してくれるしガスメータを止めればOK

電気→ブレーカーを落とせばOK、もしくはその逆

トイレが詰まってあふれそう→コンビニへ行け

適切な一時対応はできるようにしておきましょう。

執筆者のプロフィール

父です。
父保有資格
・ガス内管工事士
・給水装置工事主任技術者
・電気工事士
・特監法ガス機器設置工事監督者
・GSSガス機器設置スペシャリスト
・二級建築士