シム(simカード)の無いタブレット(=白ロム)にガラケーを使ってLINE(ライン)を新規登録してwifiで使う方法。

simカードが無い(=電話番号がない)タブレットでも別途ガラケーがあればガラケーの番号を使ってラインのアカウントが取れます。スマホの白ロムでも同じ手順でラインが新規登録できます。

シム無しのタブレットでLINEを使えるようにする手順

▼wifi(無線LAN)に接続してグーグルプレイからLINEアプリをダウンロードしてインストールします。シム無しのタブレットにlineを新規登録します。

 

▼インストールの途中にでてくる電話番号認証の画面ではガラケーの電話番号を入力します。ガラケーの番号を入力します。

 

▼すぐにガラケーにSMSメールで認証番号が届きます。
ガラケーにSMSメールが来ます。

 

▼ガラケーに届いたSMSメールにLINEの認証番号が書いてありますので、タブレットの入力画面に打ち込みます。(今回の場合『1100』)
届いた認証番号をタブレットに入力する。

 

▼これでLINEに新規登録(=新規アカウント)ができました。これ以降はガラケーは必要ありません。LINEの新規登録が完了

 

▼引き続き友だちの登録をします。
ふるふる画面

『ふるふる』はGPS機能を使ってともだち検索するのでGPS機能がないタブレットだと『ふるふる』で友達登録ができません。(GPS機能がないと友達が検索できないため)

▼その場合は『QRコード』で友達登録ができます。
QRコードで友達登録

 

▼ そして設定完了でございます。
ともだち登録完了

年齢認証はあきらめましょう。

この方法でも普通にLINEが使えるようにできます。ただしガラケー+シムなしタブレットでラインのアカウントをとると年齢認証をするのがちょっと難しいので年齢認証はパスしました。

年齢認証をしないとID検索ができませんがリアルの知り合いだけとLINEするのでしたら問題ないかと思います。

LINE登録に使ったガラケーは解約しないようにしましょう。

タブレットに一度ラインを登録したら以降ガラケーを使う必要は無いのですが、ガラケーを解約するとLINEのアカウントが突然消える可能性があります。

この点はラインの公式サポートにも記載があります。解約した携帯番号が数ヵ月後に別の方に割り振られ、その方が同じ電話番号でLINEを新規登録した瞬間にいままで使っていたアカウントは消えてしまいます。お気をつけください。

同じ理由で機種変更した時などに新しいスマホに同じ電話番号でLINEの新規登録をすると、今まで使っていたアカウントが消えてしまいますので注意が必要です。


執筆者のプロフィール

父です。
父保有資格
・ガス内管工事士
・給水装置工事主任技術者
・電気工事士
・特監法ガス機器設置工事監督者
・GSSガス機器設置スペシャリスト
・二級建築士