2年前に買ったいわゆる格安シムの『OCN モバイル ONE』+スマホ本体『goo 06+』。バッテリーの持ちが悪くなってきたのであれこれ検討の結果、最終的に新規でスマホセット(新しいシムと新しいスマホ本体のセット)を購入し、2年間使ってきた『OCN モバイル ONE』は解約しました。

機種変更(本体だけを買い替える)よりスマホセットを買った方が安上がりです。おかしな話ですが、そういう通信会社の施策ですから仕方ありません。

2年前に買ったいわゆる格安シムの『OCN モバイル ONE』+スマホ本体『goo 06+』

▲2年使った『OCN モバイル ONE』+スマホ本体『goo 06+』。性能は良くなかったのですが、必要最低限は使えました。

毎月の維持費はデータ専用SIM(月3GBコース)880円+050プラスアプリ(電話)150円+消費税+通話料で月2,000円以下。ラインと050アプリで電話する程度しか使いませんのでこのコースで十分でした。

今は2台持ちのサブ機ですが高齢になったらこれ1台で十分だと思います。

格安sim『OCN モバイル ONE』+スマホ本体『シャープのアクオス sense2 SH-M08』セットを購入

シャープのアクオス sense2 SH-M08

セール品で価格はセット(sim+スマホ本)で2,000円くらいでしたよ。。。『goo 06+』の交換用バッテリーを買うより安いのです。

海外製のスマホだとセットで1円とかもあります。前にASUS(確か台湾製)のを買ったとき、やはり少なからず違和感があったので今回はシャープのにしました。

毎月の維持費は音声通話(電話番号付き)付きのため1,480円(月3GB)+050プラスアプリ150円+消費税です。音声通話は最初だけ必須なので数か月してからデータ専用に変更する予定です。

格安シムスマホは故障した時に手間がかかります。そのため最低限SIMとスマホ本体は同じところから買っておいた方が(スマホ上級者以外は)無難です。格安simの場合、故障した時にsimの故障かスマホ本体の故障なのかを自分で判断する必要があります。

ちなみに『goo 06+』を使っていた2年間で1回だけsimカードそのものの故障があり、simを交換しました。

そんなわけで今回はNTTレゾナント(NTTの子会社)のネットショップから購入しました。NTTレゾナントのネットショップは『goo Simseller』という店名で、自社サイト、楽天市場店、Yahoo!ショッピング店、があります。どうもamazonからは撤退したようです。

当然Yahoo!ショッピングや楽天で買えばポイントがもらえます。

格安sim『OCN モバイル ONE スマホセット』の設定は比較的簡単、難しいのはアクセスポイント(APN)の設定だけ

『OCN モバイル ONE スマホセット』の設定(セットアップ)は比較的簡単です。スマホセット(スマホ本体とsimカードのセット)なのでsimカードとスマホ本体が必ず合うという安心感があります。

設定(セットアップ)は下記の2点以外は取説通りで問題なく設定できます。

  1. simを必要な大きさにカット(手でできます)する
  2. アクセスポイント(APN)を適切なものに設定する

アクセスポイントの設定は説明書をよく読めばわかります。ただしアクセスポイントを設定する前に自宅のwifiにつなぐとアクセスポイントの設定をしなくても特に問題なくすべての設定が完了して使えるようになってしまいます。しかしアクセスポイントの設定ができていないと外出した時にネットに繋がらなくなります。(自宅に戻るとまた使えるようになる)

1.simを必要な大きさにカット(手でできます)する

simを必要な大きさにカット(手でできます)する

現在主流の『マルチカットsim』が付いてきますので必要な大きさにカットして使います。カット溝の大きい方から順番にカットして必要な大きさのsimを取り出すようにします。間違えて小さくカットしすぎるとsimの交換等が必要になってしまいます。

古い方のスマホはアプリの解約、simの解約、simの返送が必要

新しいスマホの設定ができたら古い方のスマホの解約の手続きをします。

  1. 050プラスアプリの解約
  2. sim(回線契約)の解約
  3. sim(simそのもの)の返送

解約時には2年前の購入時のアカウント情報が必要になります。購入、設定時のアカウント情報はメールか紙で保存しておかないと面倒な事になりますので、保存しておくようにします。

『OCN モバイル ONE』の場合、(3)のsim(simそのもの)の返送はしなくても違約金などは請求されません。

『OCN モバイル ONE』の場合、(3)のsim(simそのもの)の返送はしなくても違約金などは請求されません。

古いsimカードを返送したところで何に使うわけでもないのですから当然ですね。


執筆者のプロフィール

父です。
父保有資格
・ガス内管工事士
・給水装置工事主任技術者
・電気工事士
・特監法ガス機器設置工事監督者
・GSSガス機器設置スペシャリスト
・二級建築士