浴室のシャワー混合栓(サーモミキシング式)が壊れた時の対応方法

INAX製浴室混合栓(サーモミキシング式)

 

壊れ方によりますが、水が止まらなくなった時は、まず水道メータで水を止めます。

混合栓のメーカーを確認して修理を依頼する。

そこらへんの水道の修理屋さんやシールを配っている24時間の業者(クラシアンなど)には依頼しないほうが良いかと思います。

うちの混合栓はINAX製(現在の社名はリクシル)でした。

混合栓にあるINAXのロゴ

 

混合栓の2大メーカーのINAX製かTOTO製であれば混合栓本体のどこかにロゴがあります。

INAXならINAXメンテナンスへ、TOTOならTOTOメンテナンスへ電話で連絡します。

INAXとTOTOであればホームページで混合栓の型式まで調べる事ができますので、型式まで特定できれば電話でおおむねの修理代も聞けば教えてくれます。

調べた所、うちの浴室の混合栓は INAX製BF-M645T(300)-D-PU

メーカーが特定できない場合は信用できる水道の修理店に依頼することになります。ただし普通の水道屋さんはこういった細かい修理をするお店ではなく、水道配管の工事をするのがメインのお店ですので注意が必要です。

(修理代が高かったり、修理する技術が無かったり、遅かったりします)

基本的にサーモミキシング式(=温度調節式)の内部部品で故障する部品は、『温調部』と『バルブ部』くらいです。

温度調節が悪ければ『温調部』、水の止まりが悪ければ『バルブ部』の部品を取り寄せて交換すればOKです。

INAXサーモ式混合栓 温調部を外したところ

INAXサーモ式混合栓 温調部部品今回は下側の『温調部』だけ交換しました。

混合栓やトイレの故障で緊急に水を止めたい場合は水道メータのところにある止水栓(バルブ)で水が止められます

 

まずは水を止めてからゆっくり考えるようにしましょう。

水が出っぱなしの状況であせって24時間営業の業者に電話すると、ほぼボッタクラレます。注意しましょう。


INAX製の混合栓BF-M645T(300)-D-PUの表側カバーの外し方

INAX製の混合栓 BF-M645T(300)-D-PU の表側カバーはネジ3本で留まっています。

表側からのネジはインデックスを外した所の1本、本体裏側からは上側のネジ2本で留まっています。

INAX製の混合栓BF-M645T(300)-D-PU

混合栓の本体裏側のネジは上側2本を外せばOKです

混合栓の本体裏側のネジは上側2本を外せばOKです

裏側のネジを外すポイントは2点

  1. スタビドライバーなどが必要です。
  2. 角度に注意:少し斜め上方向です。

以上ご参考になさってください。