【WordPress】のサイトでサブドメインを使っている場合にads.txtファイルを設置する方法です。

グーグルから自分のサイトにads.txtファイルを設置するよう指示がありました。

要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。  今すぐ修正 ヘルプ

グーグルのヘルプを見るとワードプレスの場合はプラグインを使ってads.txt ファイルの設置を推奨しているのですが、ファイルマネージャーが使えればファイルマネージャーを使ってアップロードした方が簡単でした。理由はプラグインの使い方がわかりにくいため。

またプラグインを使用するとサブドメインを使っている場合、正しい位置にads.txtファイルが設置されません。

グーグルのヘルプでは『ads.txt ファイルをサイトのルートレベルのドメイン(例: https://example.com/ads.txt)にアップロードします』とあります。

サブドメインを使って複数個のWordPressサイトを使っている場合、【ads.txt ファイル】は下記の位置(階層)に1個だけ設置(アップロード)すればOKです。

【ads.txt ファイル】を設置する位置(階層)

【ads.txt ファイル】が正常に設置できると、数日後に下記のエラー表示が出なくなります。

ads.txtファイルの作り方

ads.txtファイルの作り方

現在はアドセンスの管理画面から、完成した状態(コードが入った状態)のads.txtファイルがダウンロードできるようになっています。具体的には【今すぐ修正】のリンク先からダウンロードできます。

ads.txtファイルの作り方

今のところads.txtファイルに記載する必要があるのはアドセンスのコードだけのようですので、ダウンロードしたads.txtファイルをそのままアップロードすればOKです。


執筆者のプロフィール

父です。
父保有資格
・ガス内管工事士
・給水装置工事主任技術者
・電気工事士
・特監法ガス機器設置工事監督者
・GSSガス機器設置スペシャリスト
・二級建築士