わが家のヨメも騙されたマイタケフラクション(サプリ)のマルチ販売会社『m3』が業務停止処分9ヶ月となりました。

マルチ会社m3が販売しているマイタケフラクション

大学生標的、健康食品マルチ商法…業務停止処分
読売新聞 3月3日(木)15時37分配信

 大学生らにマイタケの健康食品を使ったマルチ商法(連鎖販売取引)を行わせていたとして、東京都は3日、健康食品販売会社「M3」(東京都港区)に対し、特定商取引法に基づき、新規契約などの業務を9か月間停止するよう命じた。

 都によると、同社は都内の大学生らを使い、知人を勧誘して入会金約5万6000円と、約1万3000円のマイタケ粉末入りの健康食品などを購入する契約を結ばせていた。

 実際には、継続的に商品を購入し、さらに新規会員を獲得し続けなければ利益は出ないが、「会員を3人確保すれば、あとは何もしなくてもお金が入ってくる」などと説明させていた。都はこうした勧誘方法や契約内容が、特定商取引法が禁じる不実告知などに当たると判断した。

『m3』のマルチが危険なのはマルチの会社が作った『(自称)健康食品』だから

『m3』はマルチ商法でマイタケサプリを健康に良いと言って販売しているMLM(マルチレベルマーケティング=通称ネットワークビジネス)会社です。

新聞報道にあったように『マルチ商法』の部分で問題だという事もありますが、最も危険な点は(詐欺会社が)作った(自称)健康食品(サプリメント)を販売している事です。私もヨメが騙されて苦労しました。

なにしろサプリメントや健康食品は飲んだり食べたりします。普通の薬でさえ問題があれば『薬害』になるのに、(マルチ商法の詐欺)会社が作った(得体のしれない)サプリを飲むバカがいるのかという話です。

マルチ会社の販売する普通の商品は人に勧めると金銭トラブルで友人を失いますが『健康被害』にはなりません。サプリメントと健康食品は次元の違う危険があります。

※こういったマルチ会社は健康被害が出た時には会社を閉鎖して別会社を作るだけです。損害賠償など到底無理ですから最初から手を出してはいけません。

ウチのヨメが『m3』のディストリビューター(=販売員)に騙された経緯

サプリや健康食品を売るマルチ商法(ネットワークビジネス)の参加者は病院関係者にもひろがっています。もうかる副業と考えているようです。

ウチのヨメが某大学病院の付属施設(運動療法のプール)で運動していたところ、大学病院の付属施設の職員が『大学病院の名前が入った名刺』を渡した上で『m3のマイタケフラクション』を勧誘してきました。

この女(大学病院の付属施設の職員)の話を聞いてウチのヨメは完全に洗脳されました。

ヨメ:『このサプリを飲まずに症状が悪化したらどうしてくれるの!!』

自分のヨメに『このサプリを飲まずに症状が悪化したらどうしてくれるの!!』と言われて愕然としました。

『このサプリを飲まずに症状が悪化したらどうしてくれるの!!』となるまで洗脳するにはどのようなセールストークを使ったのか。サプリの効果を薬事法に違反したセールストークで刷り込んできたのは間違いないでしょう。

しかも勧誘してきたのは大学病院の付属施設の職員です。

病院にはサプリや健康食品にもすがろうとする患者さんが毎日やってきます。サプリや健康食品を売るマルチ商法(ネットワークビジネス)には最適のターゲットなんですね。

残念ながら病院関係者にもマルチ商法(ネットワークビジネス)は浸透しています。病院や病院の付属施設でこういったサプリを病院関係者が勧誘しています。十分注意してください。

ヨメが『m3』の販売員に洗脳された問題解決への道のり

まずは大学病院に連絡して協力を依頼しました。ヨメが私のいう事を聞きませんでしたので大学病院の協力は必須です。

同時にマルチ会社のサプリを飲まれては健康被害が心配ですので、まともな会社のマイタケサプリに変更する事を提案しました。

マイタケサプリは『MDフラクション』が有効成分との事です。この『MDフラクション』のサプリは楽天でも普通に売っています。わざわざマルチ会社の『m3』から高いサプリを買う必要はありません。

楽天で売っている『MDフラクション』のマイタケサプリ

楽天で売ってるマイタケサプリの『MDフラクション』にもいろいろあります。ヨメには『雪国まいたけ』社の『MDフラクション』に変更してもらいました。

『雪国まいたけ』社なら健康被害が出た時に救済が受けられるだろうと思ったからです。

結果ヨメは『雪国まいたけ』社の『MDフラクション』を1ヶ月ほど飲んでも体調が変わらなかったので目が覚めてくれました。

事後処理

ヨメに『m3』のマイタケサプリを勧誘してきた大学病院の付属施設の職員にはそれなりのお礼が必要です。大学病院に下記の点を連絡し、その職員に適切な指導をするよう依頼しました。

  • ウチのヨメが大学病院の付属施設(運動療法のプール)で運動していたところ、大学病院の付属施設の職員が『大学病院の名前が入った名刺』を渡した上で『m3のマイタケフラクション』を勧誘してきた事。
  • この女(大学病院の付属施設の職員)の話を聞いてウチのヨメは完全に洗脳された事。
  • 『このサプリを飲まずに症状が悪化したらどうしてくれるの!!』とヨメが言っている事(=サプリの効果について薬事法違反の説明があったと思われる事)

ちなみにその方の名刺は大切に保存してあります。その方は現在もフェイスブックで見る限り大学病院の付属研究所の助教としてご活躍です。

2017_03_22_01

またこの件を別のブログに実名で書いたのですが、どなたかから削除依頼が入ってブログごと削除されました。どなたが削除依頼したかは知りませんがブログのデジタルデータは全て大切に保存してあります。


執筆者のプロフィール

父です。
父保有資格
・ガス内管工事士
・給水装置工事主任技術者
・電気工事士
・特監法ガス機器設置工事監督者
・GSSガス機器設置スペシャリスト
・二級建築士