自動車事故になった時にする事。

車で事故って車が壊れたりケガ人が出た場合は警察と保険会社へ連絡が必要です。ケガ人もなく車も壊れなかった時でも警察への届出が必要です。その理由。


 

自動車事故

スーパーの駐車場で停車した後にブレーキが甘く、前の車にぶつかった場合。

ごく低速でぶつけてしまい、ぶつけた車に変形がなく乗っていた人にもケガがなく、先方が問題ないと言った時でも警察に行って事故の届けをしておく必要があります。

というか警察に届けをしておいた方が自分にメリットがあります。この場合相手方が同行する必要はなく自分だけで警察に行けば受付してもらえます。できるだけ早めに警察に事故の届け出に行く事をおすすめします。

警察へ届けをしておかないと後から問題になるケース

  1. 後からムチ打ちなどの症状が出てしまった場合
  2. 本人(相手方)の気が変わった場合
  3. 第三者から余計な入れ知恵があった場合

1.後からムチ打ちなどの症状が出てしまった場合

警察に事故の届出(いわゆる事故証明)がしてないと自動車保険が使えません。後からムチ打ちなどの症状が出てしまい、保険を使おうとした時に困ったことになります。

どうせ警察に届けるのなら事故直後に届出をしておいた方が問題が少なくてすみます。

事故の届けに行くと警察ではぶつかった部分の写真を撮ります。事故から何日かたってからだとどこがぶつかってできたへこみか分からなくなってしまいます。

2.相手方の気が変わった場合

最初はそんな気は無くても後から相手方がゴネだす事もあります。そんな時でも先に事故の届けがしてあったほうが何かとメリットがあります。

警察に届けに行くと事故時の状況を聞かれます。その時に『先方の車にもへこみはなく、ケガもなかったので相手方は良いよと言って下さったのですが、念のため届けに来ました』と言っておけばそれが警察に記録として残ります。

後から先方の気が変わった時でも警察に記録が残っていれば交渉が有利に進められる可能性が高くなります。

3.第三者から余計な入れ知恵があった場合

このパターンは実際に体験した事があります。先方に悪意(事故で小金を稼ごうと言う考え)があるだけに面倒です。

警察や保険会社をいれずに自転車の事故で直接交渉していて相手方から『こちらには事故に詳しい知人がいる(=おどし)』と言われた時には唖然としました。

この場合も事故後早めにこちらから警察に届けがしてあれば、事故直後の状況が警察に記録として残りますので先方の気が変わった理由に不純なものが無かったか客観的に反論できる可能性があります。

相手がある事なので交渉のしかたに正解はありません。ただ相手方に悪意(事故で小金を稼ごうと言う考え)がある時はおかしな要求には毅然とした態度で対応するのが正解です。キリが無いからです。

『事故で自転車が壊れて乗れなくなったから電動アシスト自転車を買って良いか』と言われたケース

以前の自転車事故で先方から『自転車が壊れて乗れなくなったから電動アシスト自転車を買って良いか(=おどし)』と言われた事がありました。

実際には自転車は壊れていませんでしたので、『お近くの自転車屋さんで修理できない状態に壊れているという故障診断書を書いてもらっていただければ同等品を買っていただくことは問題ありません。自転車の代金はお支払いします。ただし壊れた自転車はこちらで引取らせていただきます』と答えたところ請求は来ませんでした。

これは言外に『その壊れたと主張している自転車と自転車屋のウソの故障診断書を詐欺または恐喝の証拠として警察に持っていくよ』と逆に脅しているわけです。自転車屋もバカではありません。そんな事を要求する人物にウソの診断書を書くような事はしません。

もちろん買い替えた(電動アシストではない)自転車代であっても請求された時には詐欺または恐喝で訴える予定でした。事故後にその自転車は警察が写真撮影していますからねぇ。

執筆者のプロフィール

父です。
父保有資格
・ガス内管工事士
・給水装置工事主任技術者
・電気工事士
・特監法ガス機器設置工事監督者
・GSSガス機器設置スペシャリスト
・二級建築士