個人賠償責任保険とは自転車で事故を起こして相手にケガをさせた場合や、ペットの犬が他人をケガさせたりしたして、他人に損害賠償金を払う必要があるときに補償してくれる保険のことです。保険料は家族全員が補償されておおむね年間1万円以下です。

ただし自分に過失がある場合には補償されないケースや全額は補償されないケースがありますので事故を起こさないことが大前提です。


個人賠償責任保険はいろいろな加入方法がありますが『示談交渉付き』かどうかが加入のポイントになります。

単独で入る個人賠償責任保険やクレジットカードに付帯して入れる保険には『示談交渉なし』のものが多いので注意が必要です。

一方、自動車保険の特約として付ける個人賠償責任保険はもとの自動車保険が『示談交渉付き』なので、個人賠償責任保険の部分(特約)にも『示談交渉付き』のものが多くなっています。

個人賠償責任保険は補償の範囲に比べて保険料が安いため、単独で加入するものには示談交渉サービスを付ける余裕が無いためと思われます。

『示談交渉付き』でないと、事故が起こったときに自分で被害者と示談交渉する必要があります。

▼示談交渉サービスが付いていない『AIU こども総合保険』

示談交渉サービスが付いていない『AIU こども総合保険』

『AIU こども総合保険』は学校で募集して一括で入った保険です。年間保険料7,930円で個人賠償責任保険は上限5,000万円まで出ます。示談交渉サービスは付いていないので自分で示談交渉をする必要があります。

わが家では一度この保険を使ったことがあります。自転車事故の時に私が先方の当たり屋女と直接示談交渉をして、示談が終わった後でかかった直接費用はこの保険から返してもらいました。直接費用とは先方に支払った治療費のことです。

被害者と直接示談交渉するのは感情的な問題もあり、なかなか厄介なものです。

示談には被害者と示談書を取り交わす必要があります。

示談書のポイントは『当方は今回の補償としてこれだけお支払いします。相手方はこれだけ受け取り、治療が終わったので以降は請求しません』という約束を書類で残すと言う意味です。

示談書の書式はネットで検索すればでてきます。加害者になった場合でいちばん重要な点は後になって追加で請求されないように約束をする点です。

逆に被害者になった場合、示談書を書くと以降の請求できなくなりますのでケガが直っていない状態では示談書の取り交わしは避けるようにします。

▼セゾンのおとなの自動車保険の特約で個人賠償責任保険付ける場合 示談交渉サービス付き

セゾンの自動車保険の特約で付ける場合 示談交渉サービス付き

自動車保険の特約で個人賠償責任保険を付けるとほかの加入方法に比べて割安になります。セゾンのおとなの自動車保険の特約で付ける場合で年間保険料は自動車保険の保険料に+1,550円で示談交渉サービス付きです。

自動車保険に加入する必要がある場合は個人賠償責任保険を特約で付けると安上がりでかつ、安心です。

階下への水漏れでの階下の被害も補償される場合があります。

個人賠償責任保険は他人への賠償責任について補償される保険なので、マンションで下の階に漏水させてしまったときに下の階に出た被害については補償される場合があります。

自宅の分の被害は補償されませんが覚えておくといざと言うときに役に立つかもしれません。

執筆者のプロフィール

父です。
父保有資格
・ガス内管工事士
・給水装置工事主任技術者
・電気工事士
・特監法ガス機器設置工事監督者
・GSSガス機器設置スペシャリスト
・二級建築士