アイフォンの画面にシマシマ(縞模様)が出で消えないときの簡単な故障診断方法です。

▼このシマシマは画面(液晶)の故障でした。

アイフォンの画面にシマシマ(縞模様)が出たときの簡単な故障診断方法

スマホの画面(液晶)の表示の不良が同じ場所に常に出るだけでなく、出るシマシマが一定ではない場合、本体の故障か画面(液晶)の故障かを簡単に(簡易に)判断するには下記の方法がおすすめです。

  1. シマシマの出ているアイフォンの画面のスクリーンショットを撮る
  2. 画面のスクリーンショットを他のスマホかパソコンに送る
  3. 故障していないスマホかパソコンでスクリーンショット確認する
  4. スクリーンショットに縞模様が写っていなければ画面(液晶)の故障=本体は正常

画面(液晶)の故障であれば画面(フロントパネル)だけ交換すればなおりますが、本体の故障だと修理が難しくなります。


▼子供のアイフォン6の画面にもシマシマが出てしまいました

アイフォンの画面にシマシマ(縞模様)が出で消えないときの簡単な故障診断方法

▼アイフォンの画面のスクリーンショットをパソコンに送って確認したのががこちら

画面に縞模様が出たアイフォン6の画面のスクリーンショット

実物の画面にはシマシマがありますが、スクリーンショットにはシマシマが写っていないため画面(液晶)の故障と推定できます。

アイフォン6の画面(フロントパネル)を交換してシマシマがなおりました

フロントパネルを引き起こし

今回も自分でフロントパネルを交換しました。アイフォンは自分で部品交換するとメーカーの修理が受けられなくなりますので自己責任で。

アイフォン6の画面(液晶)を交換したらシマシマがなおりました

フロントパネルを交換して修理完了。無事にシマシマも出なくなりました。

アイフォン6の画面(フロントパネル)を自分で交換する場合は下記の記事をご参考に。

アイフォン6の画面(フロントパネル)を自分で交換する