アイフォンを充電しながらカーナビに使っている時に 『このアクセサリは使用できない可能性があります。』と表示される事があります。

アイフォンを充電しながらカーナビに使っていてこのエラー表示が出る時は、ほぼ充電コード(ライトニングケーブル)の切れかけが原因です。

念のため充電コードのコネクタ部を掃除して、それでも再発するようなら充電コードの不具合(断線しかけ、断線)とほぼ判断できます。

iPhone 『このアクセサリは使用できない可能性があります。』とは、ほぼ充電コード(ライトニングケーブル)の切れかけ

アイフォンを充電しながらカーナビ代わりにする事はよくある使用パターンだと思います。

充電しているだけなのに『このアクセサリ』とはどのアクセサリなのか?と疑問になりますよね。

なぜアイフォンでは充電コードが『アクセサリ』なのか

iPhoneの充電コード(ライトニングケーブル)はただの電線ではなく、コネクタ部に電子部品が入っています。そのためアイフォンでは充電コード(ライトニングケーブル)も『アクセサリ』になります。

アップルの認定品や純正品の充電コードにわざわざ【Apple MFi認証ライトニングケーブル】とあるのはコード(電線)だけでなくコネクタ部に内蔵された電子部品の互換性もアップルの確認をうけている事を表示しています。

iPhoneの充電コード(ライトニングケーブル)がアンドロイドの充電コードより高いのはこの点も理由のひとつになっています。

お盆期間中に出先で急にアイフォンの充電コードが必要になったらダイソーへどうぞ

お盆で帰省中などに『このアクセサリは使用できない可能性があります。』が出てしまった時はダイソーでiPhoneの充電コード(ライトニングケーブル)を売っています。

ダイソーで売ってるのは充電専用で100円のと200円(税別)のがあります。どちらもアップルの認証品ではありませんが車で充電に使うには十分ですので私は気にせず使っています。

ダイソーで売っているのは特許の関係でコネクタに裏表がある片面差しタイプです。アイフォンの純正品と違って逆向きに差すと充電できないので注意が必要です。

詳しくは下記の記事をご参照ください。

アイフォンのライトニング充電ケーブルは100均のでも充電性能はほぼ同じ。ただしリール式の延長コードは使わない事


執筆者のプロフィール

父です。
父保有資格
・ガス内管工事士
・給水装置工事主任技術者
・電気工事士
・特監法ガス機器設置工事監督者
・GSSガス機器設置スペシャリスト
・二級建築士