年末に学生のバイト先や主婦のパート先から源泉徴収票が来て見てびっくり!税金が天引きされていた場合の対処法です。

▼年間のバイト代¥262,800円から税金が¥8,046円も天引きされていた。

2015_12_21_01


天引き自体は違法じゃない。自分で2月~3月に確定申告すれば全額戻ってくる

年間のバイト代の合計、年間のパート代の合計が103万円以下であれば天引きされた税金は自分で2月~3月に確定申告すればほぼ全額が返ってきます。

確定申告すれば戻ってくるし確定申告しなければ取られたままになるだけです。会社から『確定申告したほうが良いよ』とは言われません。

▼学生バイトやパート主婦(年間給与103万円以下)の確定申告についての参考記事

学生のバイト代から所得税が天引き(=源泉徴収)されていた時にいちばん簡単に返してもらう方法。

 

2月に入ったら確定申告の準備をすること。

確定申告自体はパソコンでカチカチ作成した書類を税務署に送るだけでできます。めんどくさがらずにやりましょう。

税金が天引きされているかどうかは給与明細もしくは年末にもらえる『給与所得の源泉徴収票』で確認

学生バイトや主婦のパートの場合は毎月の給料明細で税金が天引きされているかどうかを確認しておいて、天引きされているようなら必ず会社から源泉徴収票をもらうようにします。

源泉徴収票がないと確定申告できません。

源泉徴収票のもらい方(記事後半)

源泉徴収とは会社が給料を支払う前に所得税などを天引きしておく事です。現在年間の給料が103万円以下であれば所得税がかからないのですが会社によっては天引きする会社もあります。(違法ではない)

取られ損になりますの合法的に返してもらいましょう。

 

執筆者のプロフィール

父です。
父保有資格
・ガス内管工事士
・給水装置工事主任技術者
・電気工事士
・特監法ガス機器設置工事監督者
・GSSガス機器設置スペシャリスト
・二級建築士