ゆうパックの手書き伝票の差出人欄(など)は郵便局に行って頼めば印刷してくれます。郵便局の店頭で申し込みをしてから1週間くらいで印字が出来上がり、無料で郵送してくれます。

最低枚数50枚からだそうです。

ゆうパックの伝票の差出人欄(など)は郵便局に行って頼めば印刷してくれる。

印刷してくれるのは差出人欄だけでなく、送り先も印字してくれますし、品物欄も印刷してくれます。

定期的に同じ送り先に同じ物を送る場合、日付け以外すべて印刷してもらえる事になります。


 

※この情報は手書きのゆうパック伝票の一部を郵便局であらかじめ印刷してもらうための情報です。

ネットで検索すると出てくる『Webゆうパックプリント』のように自宅のパソコンとプリンターでゆうパックの送り状を印刷するものではありません。

『Webゆうパックプリント』ではなく、手書きのゆうパック伝票を使う理由は2点

  1. 1枚2枚なら手書きの方が圧倒的に早い
  2. 手書き伝票なら誰でも書ける

ゆうパックの発送が1日1件か2件の場合、パソコンを立ち上げてゆうパックの宛名を印刷するより手書き伝票で書いた方が圧倒的に早いです。

また複数人で発送をする場合で、ゆうパックの発送が1日1件か2件だったら『Webゆうパックプリント』の説明をして覚えてもらうより手書き伝票に書いてもらう方が楽です。

手書き伝票なら教えるまでもなく誰でも記入できます。

執筆者のプロフィール

父です。
父保有資格
・ガス内管工事士
・給水装置工事主任技術者
・電気工事士
・特監法ガス機器設置工事監督者
・GSSガス機器設置スペシャリスト
・二級建築士