東芝は粉飾決算で社長が退任に追い込まれたようです。数字をごまかしてでも売り上げを上げるようトップから強力にプレッシャーをかけた結果、全社的に不正に流れた事が原因のようです。

<東芝不適切会計>社長が幹部にメール、電話で圧力 毎日新聞 2015年7月10日(金)13時13分配信

東芝の不適切な会計処理を巡る問題で、田中久雄社長が同社幹部などに対し、業績改善を強く促すメールや電話をしていたことが分かった。不適切処理による営業利益のかさ上げ額は累計2000億円規模に上る可能性が出ている。5月に設置された第三者委員会は、こうした圧力が不適切会計につながった可能性があるとして、経営トップの責任を厳しく追及している模様で、田中社長の進退が問われそうだ。

 このニュースを見た時、約1年前にヤフーショッピングの東芝ダイレクト(東芝の公式サイト)でノートパソコン(dynabook)を買った時の東芝とのやり取りを思い出しました。おおむね下記のような内容です。

東芝ダイレクト東芝の公式サイトで買った新品のパソコン(dynabook)のインターネットエクスプローラーのお気に入りに出荷時から登録してあった『楽天』や『ヤフーショッピング』がアフィリエイトリンクだった

まさかと思いましたが事実アフィリエイトリンクでした。東芝にもメールで問い合わせましたが、社員個人がコッソリやっているわけではなく『会社としてアフィリエイトリンクを登録している』との正式な回答がきました。

 ↓当時からこれを問題と思わない企業体質だったわけです。

株式会社東芝 東芝ダイレクト事務局です。この度は東芝ダイレクト Yahoo!店をご利用頂き、誠にありがとうございます。お客様よりいただいた内容について、関係部署へ確認できましたので、下記に回答いたします。

アフィリエイトリンクにつきましては、各提携企業様との取組における一環として、弊社PCをお使いの皆様の利便性を高めるべく、リンク先を設けるというかたちでご紹介しております。(私のコメント:直リンクであれば誰も問題にしません。わざわざアフィリエイトリンクにして客に知らせずにコッソリと紹介料を稼ごうという考えがオカシイのです)

弊社PCを通じてリンク先の企業様にて購入された全ての商品サービスおよび売上金額については、提携企業様から情報提供はありますが、設定されたアフィリエイトリンクから弊社がお客様個々人の購入情報を取得していることは一切ございません。

 上記の内容をわかりやすく書くと、下記のようになります。

私が東芝ダイレクトで買った新品のパソコンでネットショッピングをすると、エロい写真集を3,000円で買った事が楽天から東芝ダイレクトに情報提供され、さらに売り上げ金額の1%が楽天から東芝ダイレクトにコッソリと支払われるが、東芝は会社として取り組んでいて、法的に全く問題ないので今後もやり続ける。

これが1年前の東芝の状況です。いかがでしょうか?

ちなみに当時書いたヤフーショッピングのレビューを探しましたところ、『7人中7人が役に立った』と評価していただいてました。

http://shopping.yahoo.co.jp/user_review/store/OAWW2QPTO7524NPDI5ARZ5ZMEY/

アフィリエイトリンクとは簡単にいえば広告リンクの事

アフィリエイトリンクがいけないという事ではありませんが、上場企業が出荷前に客のパソコンに忍び込ませておくのはダメですね。

アフィリエイトリンクをクリックして楽天などへ行くとその情報が記録され、30日以内に楽天で買い物すると購入情報が東芝に連絡されてかつ購入金額の1%が東芝に支払われる仕組みです。紹介する代わりに手数料をもらうという事です。

アフィリエイトリンクをクリックしても自動的に通常の楽天のページにリダイレクトされるため、『表示がちょっと遅いな』と感じる程度でほぼ気が付きません。

このあたりの事はまた別の記事にしたいと思います。

執筆者のプロフィール

父です。
父保有資格
・ガス内管工事士
・給水装置工事主任技術者
・電気工事士
・特監法ガス機器設置工事監督者
・GSSガス機器設置スペシャリスト
・二級建築士