ミニキッチンに設置してある『SEIDENKO』製の『DF-10PS』ダクト用換気扇の取り換え方法について(ミニキッチンに設置できる同じサイズの物がない)

『SEIDENKO』製の『DF-10PS』は本体がプラスチック製で天井埋込寸法180mm角のダクト用換気扇です。換気扇本体の取り付けネジを抜いて本体を下にずらすと型式と埋込寸法が確認できます。

『SEIDENKO』製の『DF-10PS』は本体がプラスチック製の天上埋め込み寸法180mm角のダクト用換気扇

浴室など(=台所以外)に設置されている『DF-10PS』は三菱電機などの埋込寸法180mm角のダクト用換気扇で交換できます。

三菱電機製 VD-10Z12 埋込寸法180mm角 ダクト用換気扇

三菱電機VD-10Z12 埋込寸法180mm角(アマゾン)

三菱電機VD-10Z12 埋込寸法180mm角(楽天)

ただしこの商品は台所(コンロの直上)には設置できません。(工事はできるがコンロ直上には法規上【ボディ、ファン、グリル】が金属製の換気扇を設置する必要があるため)

ミニキッチンなどコンロの直上に設置されている『DF-10PS 埋込寸法180mm角 プラスチック製』を交換する場合、埋込寸法180mm角の【ボディ、ファン、グリル】が金属製の商品が無いため(私調べ)、天井開口を切り広げて【ボディ、ファン、グリル】が金属製の商品を設置する必要があります。

▼現在『DF-10PS』に一番近い埋込寸法の【ボディ、ファン、グリル】が金属製の商品がこちら

三菱電機製 VD-13ZY12 埋込寸法205mm角 ダクト用換気扇

三菱電機VD-13ZY12 埋込寸法205mm角(アマゾン)

三菱電機VD-13ZY12 埋込寸法205mm角(楽天)

※別売のグリスフィルター【P-13GFZ-M】が必要です。

ミニキッチンに設置されている『DF-10PS』を交換する手順(アルミダクト接続の場合)

ミニキッチンに設置されている『DF-10PS 埋込寸法180mm角 プラスチック製』を交換する手順は下記となります。(アルミダクト接続の場合)

  1. 既設のDF-10PSを取り外す
  2. 天井開口を広げる
  3. 新しい換気扇を取り付ける

この換気扇はアルミダクト接続であれば天井点検口が無くても交換できます。(点検口がないと交換しにくいのですが)

ミニキッチンに設置されている『DF-10PS 埋込寸法180mm角 プラスチック製』を交換する手順

現在はこの位置(コンロの直上)にプラスチック製の換気扇は設置できません。

1.既設のDF-10PSを取り外す

1.既設のDF-10PSを取り外す

▲まず換気扇本体とダクト接続部を外して換気扇本体を取り外します。

換気扇本体とダクト接続部を外して換気扇本体を取り外します

▲ダクト接続部を取り外し後、天井開口を広げるためのカットする部分の位置出しをします。

2.天井開口を広げる

天井開口を広げる

必要な寸法(今回の場合は205mm角)に天井開口部分を広げます。

3.新しい換気扇を取り付ける

新し換気扇(【ボディ、ファン、グリル】が金属製)

新し換気扇【ボディ、ファン、グリル】が金属製 を用意します。

2021_04_11_09

▲ダクトとダクト接続部を接続してから、ダクト接続部を取り付けます。(必要な場合、天井裏に補強を入れます)

新しい換気扇を組み込みます

▲新しい換気扇を取り付けます。(必要な場合、天井裏に補強を入れます)

2021_04_11_12

▲グリスフィルターとグリルを取り付けて完了です。

アルミダクト接続ではない場合はダクトの接続位置を厳密に検討をする必要があります。どうしても合うものがない場合は既設のダクトを切り縮めてアルミダクトにするなどの対応が必要になりますが、点検口がないとかなりやりにくいので注意が必要です。


執筆者のプロフィール

父です。
父保有資格
・ガス内管工事士
・給水装置工事主任技術者
・電気工事士
・特監法ガス機器設置工事監督者
・GSSガス機器設置スペシャリスト
・二級建築士